趣味の記録を残す

どんな趣味でも、フォトブックならばきれいに残せる

趣味の記録をフォトブックにまとめることの1番のメリットは、まるで雑誌のようにきれいに仕上がるということ。印刷や製本はプロに任せられますから、大切な趣味の時間、趣味で作ったものや発表会の様子をきれいに残すことができます。仕上がりにも自分のこだわりを盛り込みたいのであれば、光沢紙やマット紙などの用紙を選べたり、表紙もハードカバーかソフトカバーかなどを選択できるような業者を選ぶとよいでしょう。また、自分の趣味はフォトブックにまとめられるようなたいしたものではないのでは、などと悩まなくても大丈夫。写真の数が少なければページ数の少ないフォトブックを作ればいいのですし、思いのたけをこめて長い文章を写真に添えてもいいのです。また、目玉になる写真を大きくする、フォトブックの制作ソフトに入っているイラストを入れるなどの工夫で、十分に見ごたえのあるフォトブックを作ることも可能です。

趣味別、フォトブックの活用アイデア選

食べ歩きや旅行など様々な場所を訪ねることが趣味ならば、フォトブックでオリジナルのガイドブックを作ってみてはいかがでしょう。写真の横にお店や観光スポットの住所、営業時間などの情報を添えるだけで作れます。フットサルやサーフィンなどスポーツが趣味ならば試合の様子はもちろん、スコアやその時のコンディションを残しておくと良いでしょう。また、道具を使う競技しているならば試合に備えてどのようなメンテナンスをしたか、何を使ったかなども写真に残してフォトブックに入れると、今後の試合に生かすデータブックとしても使えます。フラワーアレンジメントなどの手芸や写真撮影自体が趣味という方は、普段使いのバッグに入るサイズでフォトブックを作ってはいかがでしょう。お友達と会う時はもちろん初対面の方に会う時に持っていけば、こんなことをしていますと自己紹介にも使えて話のきっかけづくりに役立ちます。